よもぎ日記

ゲームや読書が好きなインドア派。平凡な日常ネタばかりになると思いますが、インターネットの片隅でこっそり生きていくつもりです。

【読了済】ぼぎわんが、来る 澤村伊智

よもぎです。

 

本格的な夏も目前、皆様、毎年暑い夏をどのようにお過ごしになりますか?

わたしはアイスを食べたり、かき氷を食べたり、日陰から出なかったりと

まぁ、ごく普通の過ごし方しかしません。

 

思い切って、夏こそ南国でバカンス!

なんてこともしてみたいですが、夢のまた夢。

でもいつか叶えてみたいです。

 

暑い夏といえば、涼しくなる方法のひとつに「怖い話を聞く・読む・観る」といったものがあると思います。そう、怪談やホラーです。

わたしが最近読んでとっても怖かったホラー小説をひとつ、ご紹介します。

 

ぼぎわんが、来る 澤村伊智

 

本日よりAmazonアソシエイトのリンクを貼らせていただきます。

 

で、この「ぼぎわんが、来る」なんですが

やばいんです。

わたしの語彙力ではその恐怖を語ることはできません。

 

 

ホラー小説は時々読む程度なので精通しているわけではないのですが

それでも、今まで読んできたホラー小説の中ではトップに躍り出るのではないだろうか?というくらい怖い思いを味わえました。

 

怖いよー、怖いよー、と読みながら怯えていたのですが

読了後には、その味わえた恐怖感に満足していました。

 

 

映画化も決まったそうですし、公開前に原作を、いかがですか?

急に商売感出しちゃってなんかすみません・・・。

でもね、ほんと怖いから、これ。

(わたしが怖がりだっていうだけの話だったりして)

面白かったです。

 

 なお、夫に勧めたところ、彼は登場人物である夫婦の旦那さんに感情移入してしまったようで「妻は日頃、こんなことを思っていたのか・・・まさかうちも・・・?」と、違う意味の恐怖を抱いたそうです。