よもぎ日記

ゲームや読書が好きなインドア派。平凡な日常ネタばかりになると思いますが、インターネットの片隅でこっそり生きていくつもりです。

祖父母の思い出って、正直ほとんどない。

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

 

節電の嵐から開放された道民よもぎです。ひゃっほう!

「節電お疲れ様でした。ありがとうございました」との通達があったとはいえ、北海道はこれから暖房を使う季節が間近に迫っています。この間のようながっつりした節電、とまではいかなくても、電気を無駄遣いしていないか、細かな節電は続けていこうと思います。

 

さて、今週のお題ですが、おじいちゃん・おばあちゃんのこと、ですか。

父方・母方どちらの祖父母も、何年も前に亡くなっています。

 

まず父方の祖父母ですが、車で十数分の距離に住んでいながら、年に1~2回しか会いませんでした。会った際皆でどこかへ出かける事などもなく、ただ祖父母の家へ行って少しの時間を過ごすだけ。彼らと話すのはもっぱら両親で、わたしはただただ暇で暇で退屈で早く帰りたくて嫌でした。

 

母方の祖父母。こちらも年に数回しか会わないレベルでしたが、父方よりは付き合い方が若干濃かったかな、と思います。あくまでも「若干」です。「おじいちゃん、おばあちゃん、だいすきー!」みたいな感じではないです。祖父とはあまり話した記憶がないし、4名いた祖父母の中では最も会話をした祖母は、わたしの母と顔を合わせるたびに同居しているヨメや他人の悪口ばかりで、その場に同席するのが子供心にも気まずかったことを覚えています。

 

会うたびにお小遣いをくれた母方の祖母。4人の祖父母の中で一番話しやすかったのは彼女でしたが、こちらから心をひらいて色んな相談をするような感じではありませんでした。可愛がってくれているのはわかっていましたが、大人になってから、今までの祖母の言動を振り返った時に「この人は、人としてどうなんだろう?」という疑問がふつふつと湧き出してきてしまい、ものすごく冷めた気持ちになったことを思い出します。

 

夫の祖父母が亡くなった時、彼はとても落ち込みました。そこまで落ち込める夫が羨ましくもありました。ショックが大きければ大きいほど、その関係が濃く、そして愛しいものだった証拠ですもの。わたしには、それがなかった。彼には申し訳ないけれど、自分の祖父母との関係が希薄だったわたしには、彼の祖父母に対する思いもまた、薄いのです。

 

お盆やお彼岸、お墓参りをする機会は年に何度かありますが、わたしは全く行きたいと思いません。悼む気持ちがないからです。

 

こういうのを「冷たい」と表現する、というのはわかっています。

でもそれがわたしが送ってきた人生の結果なのです。

電力消費20%…。

よもぎです。

 

厚真ではまだ震度4クラスの結構大きな余震が続いていますが、わたしの住む地域は震度1程度の軽い余震がたまーに起きる程度です。

 

とにかく1日でも1時間でも早く余震がおさまってくれるといい。同じ北海道に住んでいながら何のお手伝いもできないもどかしさ…。

 

現在、北海道は節電を頑張っている真っ最中。朝8時半から夜8時半までが節電タイム。コアタイムと言うそうですが、この時間帯の使用電力を20%減らさなくてはなりません。

 

一般家庭でできる節電…。

コアタイム前に充電や家事などを終らせる

⚫使っていない電化製品のコンセントを抜く

⚫照明の数や明るさを減らす

コアタイム中は電化製品の使用を極力避ける

 

…などでしょうか。

すべて実践しています。コアタイムに充電せずに済むよう、スマホはなるべく使わない、テレビも見ない、ゲーム(据え置きタイプ)もしない。抜けるコンセントはすべて抜き、夜の照明も家の中で1ヶ所だけつけるようにしています。便座のスイッチも切って、ひんやりトイレになってます。

 

一時間ごとに北海道電力経済産業省が節電結果をTwitterで教えてくれていますが、なかなか目標の20%減に到達できない事が多く、やきもきしてしまいます。

 

正直、わたしにはこれ以上の節電は無理です。自分としてはこれが精一杯。一般家庭でできる節電には限界があると思います。あとは街の中やお店・会社など、社会に頼るしかないのでは…。その社会ではどの程度、節電に協力しているのでしょうか。この数日で何だかとても疲れてしまいほとんど出歩いていないので、街の中が今どんな風なのか分かっていません。

 

元の生活がどれだけ恵まれ贅沢だったのか、身に沁みています。

無事です。北海道民より。

北海道民よもぎです。

この度の地震で被害に遭われた方々や亡くなられた方々、及びそのご家族へ、心からお見舞いとお悔やみを申し上げます。

 

真夜中の地震、大変驚きました。

 

就寝中、緊急地震速報に起こされたのですが、普段、目覚ましのアラームだとなかなか目が覚めないのに、さすがに緊急地震速報は飛び起きますね。

 

速報の「地震です」という音声を聴きながら「…来る!」という心構えができた途端、ガタガタッと揺れ始める…。この「心の準備」ができるほんの数秒がどれだけ大事なことか。確実に身を守るターンに移れるって、大きいですよね。

 

今回わたしの地域は震度5

 

近年、地震が増えたせいか、揺れ始めてからはその揺れがどう変わっていくか、わりと冷静に感じ取ろうとする自分がいます。昔はただ怯えているだけでした。

 

この揺れが、家の中で待機しても大丈夫そうか、家を捨てるべきものなのか。わたしはそこを考えるようになりました。いくらテーブルの下に潜っても、天井が崩壊したらひとたまりもないでしょうから。

 

幸い、家は無傷で家族も無事、すぐにテレビで確認すると北海道中がとんでもない震度に見舞われていて目を疑いました。と、ふと気付くと部屋の照明がチカチカしています。なんだこれ…。とりあえず揺れもおさまったし布団へ戻って寝直そう、と横になった途端、停電になりました。

 

あー。消えちゃったか。まあ地震大きかったしね、明るくなる頃には復旧するでしょう、と思っていました。浅はかにも。

 

停電になったということは電気が使えない。ということは電池はなるべく温存したいからスマホはあまり使いたくない、でも情報収集がしたい、テレビはつかない、そこで活躍したのがラジオです。

 

我が家にラジオ本体はありません。が、わたしが普段愛用しているWALKMANにFMラジオが内蔵されており、イヤホンをさせばそれがアンテナの代わりとなって受信できるのです。イヤホンを使うのでみんなで一緒に聴けないのが難点ですが、自分一人で聴く分には十分です。

 

地元のFM局では既に非常放送が始まっており、地域の停電の様子、道路や水道の状況などの情報を繰り返し伝えてくれていました。幸い、わたしの地域では水道は止まることがなく、電気は止まったものの水が出るお陰でずいぶんと助かりました。時間はかかりましたが、手洗いで洗濯をすることもできました。

 

わたしの家はオール電化なので停電になれば物凄く困ります。前に「いつかそんな日が来たらヤバイじゃんw一応買っとこ」なんて家族で笑いながら買っておいたカセットコンロ。ガス4本付き(うち1本は冬に鍋料理をやった際の残り)。これが役立つことになりました。

 

わたしは普段から炊飯器を使わず鍋で米を炊くので、熱源さえあればいつもどおりのホカホカご飯を食べられます。停電中の夕飯時、家族からは「IHで炊くよりも火の方が美味しい」なんて声も出たくらい。

 

単に、炊飯器を置くとキッチンが狭くなるから、という理由で普段から鍋炊きなのですが、この習慣があったおかげでお米を難なく炊けました。

 

カセットコンロがあったから冷蔵庫の食材で簡単なものながら調理もできたし、WALKMANがあったからラジオでこまめに地域の情報も聴けた。たまたま車のガソリンを満タンにしたばかりだったからスマホの充電は車内でできた。水が出て天気が良くて風があったから、手洗いで絞り方の甘い洗濯物もすぐ乾いた。現金が手元にある程度あったから、コンビニで食料の調達もできた。

 

電気がないと困ることだらけでしたが、それでも「これが出来るよ!ラッキー♪」な事も結構あったと思います。

 

こちらは、地震発生から1日と十数時間…。2日近く経ってからの復旧となりました。今思うと「たった2日」でしたが、地震から1週間ほどたったのでは、と思うほど長く感じた2日でもありました。

 

その2日の間に、おそらくテレビでは「北海道で大地震!」的な番組ばかりだったのでしょうが、何せこちらは停電中。どんな報道をされてるか見ていないし、スマホの電池も無駄遣いしたくないからあれこれ検索したりもせず、ただひたすら地元のラジオを聴いていました。実際、地域密着型の役立つ情報が多かったのでとてもありがたかったのです。ラジオ局の皆さんも被災者なのに、ずっと情報を提供し続けてくださって本当にありがとうございました。

 

電気が復旧したのは日が暮れてからでした。部屋の中がスイッチひとつで明るくなることが、お風呂でお湯が使えることが、こんなにも嬉しくありがたいことだったのかと、その存在の大きさと幸せを噛み締めずにはいられませんでした。ご自身やそのご家族も大変な中、復旧に携わってくださったすべての方へ深い感謝を。

 

今回は我が家の災害に対する準備の甘さも露呈しました。日本各地で災害が起こる度「備蓄は大事だよね」と思うのに、それを準備することはしてきませんでした。募金をしたりして被災地に心を寄せているつもりでしたが、本当の意味で災害の恐ろしさを理解していなかったのです。

 

道内ではまだまだ復旧の必要な箇所があります。助けを必要としている方々がいらっしゃいます。節電要請も出ており、お店に行っても欲しいものは品切れです。報道ではみかけませんでしたが、北海道だけではなく、大阪もまだ台風の被害がひどいと聞きました。

 

正直、何をどうすればいいのか、今のわたしにはわかりません。誰のためにどう行動すべきなのか。募金くらいしか思い浮かばないのがもどかしいです。まずは各地が早く落ち着きを取り戻せることを心より願っています。そして自分の身近なところも日常に戻れることを。

 

そうそう、災害といえばデマがセット、といっても過言ではないと思いますが、今回もありました。そしてそのデマが目の前を駆け抜けるのを肌で感じました。

 

自衛隊情報!○時に大地震がくる!」

「□時から断水!」

 

前者はさすがに「予知できたら苦労しないわ。そもそも自衛隊の管轄か?それ」と笑ってしまいましたが、後者には騙され、水をためてしまいました。

 

断水の件はそれからすぐに、事前に登録してあった自治体からのメールが「その情報はデマだからね!信じないでね!(意訳)」と知らせてくれたのですが、考えてみれば、計画的に断水を行うなら事前に自治体からその旨メールがくるよな、と。気を付けているつもりだったけど、わたしもパニックになっていたのかもしれません。

 

わたし、学びました。

備えあれば憂いなし

 

ええ、今になってようやく…。人間、体験し実感を伴わないとなかなか行動に移せないものです…。わたしが愚かだっただけかもしれませんが。

 

今はまだ品薄で防災グッズは入手しづらいですが、状況が落ち着いたら少しずつ揃えていこうと強く思っています。

 

繰り返しになりますが、すべての被災地…地震、台風、大雨の被害に遭われた方々に一刻も早く日常が戻ることを心より願い、お見舞い申し上げます。

Pockyダブル ホワイトチョコ&レモン

よもぎです。眠いです。

家にあるレモン味商品のストックも少なくなってきて、大変寂しい思いをしています…。

 

これ、大事にとっておいたけど、レモン味は秋になる前に食べるのが美味しいのでは?と考え直し、ついに食べてしまったものです。
f:id:yomoginosukinamono:20180905212623j:image

Pockyダブル ホワイトチョコ&レモン  禁断の二度がけチョコ

 

禁断の、二度がけ。

 

禁断の!

 

「禁断」…ああ、なんて甘美な響きなのでしょう。背徳感も織り込まれている、この、なんとも魅惑的な二文字。

 

禁断の二度がけですよ!チョコを!ひゃっほー!

 

この時点でレモン味とかもうどうでもよくなってしまい、ただただ、禁断の二度がけされたチョコに舌鼓を打ってしまいました。

 

さすが二度がけだけあって、チョコの層が厚い。なのに厚さを感じさせない柔らかな食感。うめぇーこれうめぇー!

 

あっという間に完食でした。

 

あ、レモン味は多分してたと思います、なんか爽やかだったから。いやもう厚みのあるチョコが最高で。

なかなか読み終われない本がある

今日はちょっと体調が悪かったよもぎです。

 

夏の疲れが出てきたのか、なんだか胃の活き(?)が悪い感じ。食欲が若干落ち気味です。今年は病気をして体力落ちてるから、本格的な冬が始まる前に、体力作りが必須かなと考えているところです。

 

さて、本日は待ち時間のある外出へKindle端末を連れていきました。数十分待ったので、本来、結構読めたはずなんです。ところが。

 

読み始めると眠くなるんだ、この本が。

 

かれこれ1年半ほどちびちび読み続けているのですが、一向に読了できる気配がありません、レ・ミゼラブル

 

今日も待ち時間の友として読んでいたのですが、眠くなってウトウトする始末…(まあ体調が悪かったのも一因かもしれませんが)。

 

でも未読だし!

たぶん、知識として内容を知っておいた方が良いと思われる作品だし!

だから読むし!

 

と、心に決めて読みはじめてから1年と数ヵ月…。Kindle端末によると、全体の75%まで読んだみたいです。残り15%!もうすぐじゃん!て思うでしょ?その15%が長いんですよ…。

 

ただね、読んでてわかるんです「これは読了しておくべき作品だ」と。

 

文体や内容によって読むのがしんどい作品、というのが時々あります。「しんどいから読むのやめよう時間の無駄」「いや…でもこれは読了する価値がある」わたしの場合、大抵はこのふたつに分かれます。そしてレ・ミゼラブルは間違いなく後者の香りがぷんぷんしています。

 

ドグラ・マグラを読んだ時もそうでした。チャカポコが辛くて辛くてわたしは一体何の修行をしているのだ?と途中で投げ出しそうになりましたが、どうも読んでおいた方がよさそうな気がして意地で読了しました。「結局何だったんだよー!?」というしょうもない感想しか出てきませんでしたし再読は未だにする気になれませんが、それでも「読んでよかった」と強く思いました。

 

何が「よかった」のか自分でも理解できていませんが、あの強烈な読書体験はそうそう味わえるものではありません。そういう意味で「よかった」と思ったのかもしれません。

 

レ・ミゼラブルを読了できたとき、わたしは何を感じ何を思うのでしょう。それを考えると「よーし読むぜ☆」と張り切れるのに、いざ読み始めると「ごめん眠い」なんですよねえ。残り15%、まだまだ先は長そうです。

 

 

 

 

仮面ライダージオウ

実は仮面ライダーが好きなよもぎです。

 

とはいえ、全く詳しくはないんです。考察なんかもしないし、ただ「面白いなあ」と見てるだけ。鎧武から見始めたのですが、ストーリーが結構深くてやみつきになります。

 

そんな仮面ライダー、今週から新シリーズ「ジオウ」が始まりました。主人公は「王様になるのが夢」というぶっとんでる高校生。いやいや高校生で「将来は王様に」はないでしょ、と内心つっこんでしまったのはわたしだけではないと思いたいです。

 

平成最後の仮面ライダーなので、何か特別感を出してくるかなあと今から楽しみです。「ジオウ」は最終的に悪の大魔王になってしまうらしく、彼が暴君になるのを阻止するために未来からやってきた人と主人公が現代で出会い、さあどうなるのか…。

 

「みんなを幸せにしたい」から王様になりたい彼が、何故、あんな風になってしまったのか。彼はやはり恐ろしい変身を遂げてしまうのか、それとも思い描いた理想の王になれるのか。この先、葛藤に苦しみ、傷つき、絶望したりもするのでしょう。そのあたりがどういったストーリーになるのかも楽しみだし、1年後、彼らの役者としてのスキルアップがどれほどのものになるかも楽しみです。

 

仮面ライダーの役者さん達は、初回と最終回では表情の演技が違ってきて、素人目にもその成長を感じます。今期も親戚もしくは近所のおばちゃん的目線でその演技を見守りつつ、仮面ライダーの世界を楽しもうと思います。

【カルディ】塩レモンパスタソース 

若干疲れ気味のよもぎです。だから夕飯は簡単に、茹でたパスタに市販のソースをかけたもの。

 

カルディの塩レモンパスタソース


f:id:yomoginosukinamono:20180901220848j:image

カルディ率高めでお送りいたします。

このパスタソースは夏期限定というわけではないようで、お店に常備されている印象があります。それでも時折、売り場に値札はあれども商品は見えず(棚がからっぽ)といった状況に遭遇するので、人気があるのかなと思っています。

 

レモン風味の他に、何らかのコク(※)も感じるこのソース。わたしのお気に入りです。

 

※おそらく、材料に含まれているアンチョビ等のコクかと思われます。なお、わたしの舌はあてになりません。

 

このソースは家に常備していたいんですけど、なくなった、さあ買わなきゃ、とお店に出向いた時に限って売り切れちゃってるんですよ。何気なく立ち寄った時には買えるんですけどね。何?わたしのこと避けてるの?こんなに愛してるのに?(ストーカーかな?)

 

にしても、よく売り切れてる場面に遭遇するので、このソースを好む同士は多数いるものと予想しています。いや、同士というか、もはやライバルかもしれません。

 

次に確実にこのソースを手に入れるのは誰だ!

 

的な。