よもぎ日記

ゲームや読書が好きなインドア派。平凡な日常ネタばかりになると思いますが、インターネットの片隅でこっそり生きていくつもりです。

「しつけで子供を外に出した」と聞いて思い出したこと

髪がバサついてしまって泣きたいよもぎです。
パサついてるんじゃないんです、さらに上を行く、バサついてる、って感じなんです。最近変えたシャンプーが合わないのかな…。


山姥のようなわたしの頭の話はさておき。
身近で「子供が良からぬことをしたので家の外に出した」という話をここ数ヶ月の間に何度か耳にしたのですが、それを聞いて、自分が子供だった頃、母親に締め出されたことを思い出しました。


あれは中学の頃だったか、高校の頃だったか…。十代半ばです。その当時、わたしは17時までに帰宅するよう言われていました。上着も着ずに自転車に乗っていた(北海道)季節だったので初夏~夏の終わりあたりだったと思います。


母は常にわたしに怒っている人で、だらしないだの気が利かないだの今でいう「人格否定」的な言葉をしょっちゅうぶつけてきました。そんな家が居心地のいい場所であるはずがなく、わたしは1分でも長く外で友達と遊んでいたかったのです。


17時の門限を守らない(といっても30分程度。その程度の度胸しかなかった)事が時々あり、ある日、門限より5分ほど遅れて家につくと玄関には鍵がかかっています。あれ?と思いピンポンを鳴らすと扉の向こうから母の怒った声。


「時間守らないなら帰ってこなくていい!」


あ、家には入れないんだ。そうわかった瞬間、わたしは再び自転車にまたがり家を離れました。不思議と悲しくも怖くもなかったのです。ただ「あっそう。それじゃさようなら」という気持ちだけ。


母は恐らく、わたしが玄関の前で彼女の許しを請うとでも思っていたでしょう。普段なら「ごめんなさい」と謝るところでしたが、その日わたしはそのまま立ち去りました。わたしが去ってから母は玄関のドアを開けたのでしょうか、そこにわたしがいないと知ってどう感じたのでしょう。その件について母と話したことはないので知るよしもありませんが、一般的な親の反応として思い付くような感情にはなったのではないでしょうか。つまり「心配」。


わたしは自転車で町をさまよいました。当時は携帯電話などなく、しかも夕飯時に差し掛かっていたため、友達の家に行くわけにもいかない。書店のある商業施設に行こうかとも思ったけど、学校の制服のままだし補導されたりしたらいやだな、そんなことになったらまた怒られるネタが増えるだけだしめんどくさいなあ。


で、結局、お店のない住宅地を選んで、なるべく遠くの方までウロウロ。自転車で10分もいけば、よく言えば「自然豊かな」場所がたくさんあるのでそういう所に向かいました。


でも、お金も食べ物も持ってきてない。


やがて日が落ちあたりは真っ暗になりました。あぁ夜になったなあ、この時間になったらそれこそお巡りさんに声かけられそうだなあ。どうしようかなあ、友達の家にはこんな時間に行けないよなあ。時計がないから何時かわからないけど、真っ暗だから夜だよなあ。


などと考えながら、わたしは家の近所の公園まで戻りました。ブランコやベンチに腰かけながら「この公園が見える家の人に存在を気づかれたらどうしよう、こんな時間に制服のまま1人でどうしたの?って言われるだろうなあ」今考えると「誰かに何か言われるんじゃないか」と、そればかり気にしていました。親が心配してるんじゃないか、なんてことは一瞬も頭をよぎりませんでしたが。


あまりに行くところ、することがなさすぎて結局「帰ろう」と決めました。まだ鍵がかかっていたらそのときまた考えよう。


家に着くと玄関のドアはすんなり開きました。バタバタと母が出てきて安心したように「ああ、おかえり!」家には、恐らくわたしよりだいぶ前に仕事から帰ったであろう父の元に彼の友人が訪ねてきていました。その人がピザを持ってきてくれたから食べなさい、おなかすいてるでしょう、と母に言われたことは記憶しています。ですが、食べた覚えはありません。食べたことを忘れているのかもしれませんが、ピザをどうしたのか、わたしは覚えていません。時計を見たら20時を過ぎたところでした。


普段なら叱るであろう父からは何のお咎めもありませんでした。「子供を締め出したらいなくなった」ことを父だけでなくその友人にまで知られてしまったんだな、母は。父には怒られたのかな、さすがに。恥だね。自室でそれに気付いたわたしの脳裏に真っ先に浮かんだ言葉は


「ざまあみろ」


でした。
心配かけたな、悪いことをしたな、などとはこれっぽっちも思いませんでした。



今でもその事を時々思い出します。


あのまま帰宅せず本当にいなくなってしまっても良かったかもな、そしたらテレビで行方不明者を探す番組とかで呼び掛けられて「現在は○○歳になっています、失踪当日は学校の制服姿で…」なんて写真出されたりとかしてな、などと空想しては、ああ、やっぱりあの母と同じ墓には入りたくないな、と改めて思い、わたしが築いた家庭で「わたしの死後は実家・義実家(←ちゃっかりこっちも)どちらの墓にも入れないように」と家族に念を押しているのです。


躾だから、と、夜に子供を締め出す親御さん。その子がいつまでも玄関の前で扉が開くのを待ってると言い切れますか?やめたほうがいいと、わたしは思いますよ。

いけません、また放置してしまいました

相変わらず体のあちこちが不調になったりゲームばかりやっていたりするよもぎです。

2月にギックリ腰をやってしまったのですが、未だに痛みを感じるときがあります。主に体に合わない椅子に座ったとき。ふかふかの椅子がダメですね、あれはわたしの腰に悪い。

最近はストレスで動悸や息苦しさを数日間味わったり、昨日いきなり鼻水ズルズルで発熱したりと、なんだかいつまでたっても健康になりきれません。

健康ってありがたいものですよ…ほんとそう思います…。

ゲームは相変わらずスプラトゥーンがメインで、あとはスマホでポケ森とすみすみをやる程度。とりあえずこの3つで満足。

最近、本を読めていないのでそろそろそっちのエンジンもかけはじめなきゃなと思っています。それにこちら北海道はこれからが桜の季節。開花したらカメラ持って撮りに行くぞー!🌸🌸🌸

そうそう、出先でちらほらレモン味の食品を見かけるようになってきたので、今年も新商品が楽しみです。毎年レモン味は初夏頃から出始めるイメージなのですが、なんか今年は早くないですか…?できれば、乳製品を使っていないものがたくさん出てくれると嬉しいです(血液検査で悪玉コレステロールひっかかった奴)

【本】家の中で迷子 坂口恭平

どうもぎっくり腰が治りきっていないらしいよもぎです。

ちょっと重さのあるものを持ち上げたり、体に合わない椅子に長い時間座っていると「いつもの部分」が軽く痛みます。いつになったら完治するのやら。じわじわ良くなってきてはいるんですけどね。痛まない日もありますし。まぁ、無理せず気長に湿布を貼り続けます。

 

さて先日、なんとも不思議な印象を受けた本を読みました。

家の中で迷子 坂口恭平

うん?家の中で迷子とは一体?これは興味を惹かれるタイトル。どういうことなんだってばよ、と読み始めてすぐ、タイトル通り迷子になってしまいました、わたしが。文章の海で、完全に迷子です。

 

試着室に入った主人公が、そこから様々な場所で様々な出会いを繰り返すお話…?不思議の国のアリスを難解にしたような印象でした。いきなり現れる人がいたり、で、その人の言ってることがなんかよく分からなかったり…えっと、日本語でおk、っていうか…。不思議の国のアリスは夢の中の出来事で、次から次へと場面も登場キャラも変わってゆき、不思議な雰囲気をまとったままお話が進んでいきますが…。この「家の中で迷子」もある意味夢の世界をさ迷い歩いているような、そんな不思議な流れ。

 

あくまでもわたし個人の感想であることを強調しておきますが、途中の意味のわからなさは「ドグラマグラ」に匹敵するかもしれません。これが、一体、物語にとって、どんな意味が、あるの、でしょう、か?わ・か・り・ま・せ・ん(涙)…みたいな感じで読み進めました。

 

で、どうにか読了はしたんですが、結局意味が全くわかりませんでした。ですが!何かとてつもなく大きなメッセージといいますが、大事なことと言いますか、とにかく「何か」読み取れるものがあったはずだ、と強く思ったんです。「なんだよこの本わけわかんない」と放り出す類のものではなく、何か…何か「読んでよかった!」と思うような読み方ができたはずだと思うんです。自分の読解力のなさを痛感しました。読み取れなかったことがすごく悔しい。ドグラマグラは読みきったというだけで「よく頑張ったな、自分」と満足してしまったのですが、この作品は何度か読み直して是非とも自分なりの解釈をしたい、そう強く思いました。なにか掴めそうなんです。何かを掴めるはずなんです。

 

さほど長くない作品なので、暇を見つけて再チャレンジしようと思います。

 

【本】魔眼の匣の殺人 今村昌弘

前回の記事を投稿した後、ぎっくり腰になってしまったよもぎです。

 

雪かきで軽く腰を痛めてしまい、その時は「ちょっと頑張りすぎてしまった」程度にしか思っていなかったのですが、その二日後くらいに着替えをしている際、ぐきっといきました。軽く痛めた腰が伏線だったようです。そんな伏線回収しなくていい。

 

さて、虚弱体質に腰痛属性が加わったわたしが最近読んだのがこちら。

 

魔眼の匣の殺人 今村昌弘

ずいぶん話題となり映画化も決まりました「屍人荘の殺人」の続編です。

前作で登場した班目(まだらめ)機関の謎を追い葉村と比留子が向かったのは、とある山奥の集落。そこで出会ったのは百発百中の予言をする老女でした。老女いわく「この地で、あと二日で男女あわせて4人が死ぬ」とのこと。予言は的中するのでしょうか。

 

そんなこと言われたら当然その「4人」には入りたくないですよね。帰ろうとしても、唯一の道である橋が落ちちゃって帰れなくなっちゃったんです。完全なるクローズドサークルです。本当に4人の死者が出るのか、それとも予言は外れるのか…。

 

ここで強く推しておきたいのは「予言」という非科学的な要素ではなく(もちろんそれも推しポイントなのですよ)トリック、推理といったミステリ要素です。基本的に文章が固くなく読みやすいし会話もテンポが良いのでスイスイ読み進められるのですが、なにより次から次へと出てくる謎を追うのにページをめくる手が止まりませんでした。

 

そして深まる機関への謎。前作「屍人荘の殺人」ではこの機関については多くは語られておらず、今作を読んで「ああ!なるほど!シリーズ化へ向けての伏線だったのか!」と思ったのですが、実はそうではなかったようです。そのあたりのことが著者である今村氏の言葉で説明されているサイトがこちら↓↓↓

hon-hikidashi.jp

どうやら大変な苦労をなさって今作を執筆されたようです。しかしそのおかげで、わたしは読書中とても楽しい時間を過ごすことができました。寝るときに少し読もうと本書を片手に布団に入ったのですが、結局一気に読んでしまい気付いたら朝方でしたから。こういった著者からの裏話も聞けると、より一層楽しめますね。もっとも、今村さんにとっては「楽しむ」とは対極のところにいらっしゃったことと思いますが…。

 

わたしは質の高いミステリだと感じました。伏線に次ぐ伏線、それらを見事に回収した結末が待っている。最高。

 

どうやらさらなる続編も出そうな雰囲気ですし、次の作品も楽しみに待っています。

 

心配なのは、人気があるからといってダラダラ何冊も続けてしまわないかしら…ということ。わたし個人としてはキリのいい所でスパッと見事に完結させてもらえたら嬉しいです。昔、好きで読んでいたとある海外のシリーズもので、ながーく続いた結果、登場人物の年齢や性格がごちゃごちゃし出してしまい、物語に面白みを感じられず続きを追うのをやめてしまった作品があるので、そういった形にはならないでほしい、と強く願います。

【マンガ】さよならミニスカート 1 牧野あおい

寒がり選手権があればぶっちぎりで優勝しそうな勢いで日々寒がりなよもぎです。

今シーズンはとにかく体が冷えてしまうので、大好きなスカートもなかなか着用できずにいます。スカートって、冷えるんですよね。

 

そんなわたしとはまったく違う理由でスカートに別れを告げた女の子の物語がこちら

 

さよならミニスカート 牧野あおい

 

 

主人公の仁那(にな)は高校一年生。学校の制服はスカートではなくスラックスを着用して登校しています。髪型や言葉遣いも男の子のよう。

 

クラスの女の子たちにはそんな仁那が理解できないようです。むしろ「男子っぽくしたいイタイ奴」ぐらいな感じで遠くから見ています。仁那とは違い、短いスカートにふわふわした言葉遣い、まごうことなき「おんなのこ」といった雰囲気のクラスメイト・未玖(みく)。彼女は事あるごとに「女の子」であることを強調しています。

 

読み進めていくほどに「女の子」という存在を意識してしまうこの作品は、少女漫画誌「りぼん」に掲載されているそうなんですが、よくある女の子同士の友情だのイケメンとの甘ぁい恋愛だの、といったお話では(今の所)なく、女の子におこる性的被害なども含めたサスペンスタッチな、この雑誌ではこういうのは今までなかったのではないかと思える何とも異色な作品です。

 

これね「女の子」だけではなく、性別年齢問わずとにかく色んな人に読んでみてもらいたいんです。

 

仁那が抱える秘密や彼女の心に居座る闇など「りぼん」を読むような年齢の子にはちょっと難しいかもしれません。でもこの作品をきっかけに、嫌なことをされたら声をあげてもいいんだ、とか何かひとつでも考えたり感じたりすることができたらいいなぁと思います。

 

帯には「このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない。」と書かれていました。本当にその通り。「触られたくないなら短いスカートなんか履くなよ」というようなセリフが出てきますが、これと似たような言葉、世間でもよく聞きますよね。性犯罪の被害者に対し、加害者を挑発するような格好をしているお前が悪いんだ、と。悪いのは加害者です。己の欲望の赴くまま理性・自我を失って他人の心に土足で踏み込むのは、擁護できることではないと思います。わたし自身、以前勤めていた職場でセクハラで嫌な思いを何度もし、それをある人に相談したところ「仕方ないじゃん」の一言で片付けられた過去があります。何が仕方ないんでしょうね。わたしはセクハラしてきたその人たちを今でも許していません。とっくの昔に辞めた会社なので、もう会うこともないですが。

 

とにかく。みんなこのマンガを読んで、一度色々と考えてみるといいと思います。なんか昔のことを思い出してだんだん腹が立ってきました。ぷんすか。

 

 

 

 

 

気付けば更新せぬまま1ヶ月経過

今日、はてなブログさんから「ここ1ヶ月ほど更新滞ってますね😄」的なメールが来て、そこで初めて「えっ?」と時の流れに気が付いた浦島太郎よもぎです。

 

前回の記事で「ようやく体調が良くなってきたかな」みたいな事を言ったきり、ぱったりと更新が途絶え、まさに「日記はここで終わっている」を現実のものにしてしまいましたが、生きてます。

 

結局、あの記事の後でまた体調が悪くなり、この10日ほどでようやく以前の生活が戻ってきた感じです。からだの冷えだけは手強いままですが。

 

思えば先月から今日に至るまで、色んな診察を受けました。循環器科、消化器科、甲状腺専門クリニック、耳鼻咽喉科、皮膚科、形成外科、婦人科。

 

ほぼ毎週「今日はあそこ、明後日はあっち」って感じで病院ばっか行ってましたね笑

 

「異常なーし!」「経過を見ていきましょう」「お薬だしますね」などと、それぞれ診断してもらい、指示のあった場合はそれに従っています。

 

今わたしがもっとも気を付けているのは「冷たいものの飲食を避ける」こと。

数ヵ月胃腸の元気がなくて消化器科で薬を処方してもらった際に医師から言われたことです。もともとカフェインが体に合わないこともありコーヒー紅茶の類はほぼ飲まないし(飲むとしたらデカフェ)ここしばらく、温かい飲み物と言えば白湯ばかり。

 

そんな胃の弱いわたしが声を大にして言いたい。

 

白湯はいいぞ!

 

あのね、すごーく優しい感じがするんですよ、白湯。飲み慣れてない人は「えぇ?お湯でしょ?なんかやだ」みたいな反応なんですが、白湯ほんといいから!美味しいから!

 

寒い季節にはコンビニや自販に「あたたか~い」やつがたくさん並びますけど、何故、白湯はないのでしょうか。わたしはカフェイン入りも甘いのも飲まない(ただし、おしるこは可)ので、白湯を置いてくれると本当に嬉しいのですが…。コンビニでは、たまーにノンカフェインのホットお茶が1種類ある程度なので、外出時には保温できる水筒にお湯を入れて持っていきます。

 

ようやく戻り始めた体調。とにかく体を冷やしたくないので、椅子に座るときは膝にゆたぽん(レンジでチンする湯たんぽ的なやつ)を置いてその上から膝掛けをかけたりしてます。あったかいんだ、これが。

 

そんなこんなで、今のところだいぶ元気です。ご飯もモリモリ食べられるようになりました。「お腹すいた!」という感覚が戻ってきたことに感激しています。ずっと胃がムカムカして食欲がどこかへ行ってしまい、なかなか帰ってきてくれなかったので。おかえり食欲、戻ってきてくれてありがとう。

 

このまま元気に春を迎えたいなあと本気で思っている、そんな1ヶ月ぶりの更新でした。

ようやく体調が戻り始めました。

結局、年末まで体調不良を引きずっているよもぎです。

 

今年は、一時的なものでしたが甲状腺を患い半年ほど体調が落ち着かなかったのですが、それがひと段落ついたと思いきや、今度は胃腸の調子があまりよくないです。最近、病院で出してもらう薬を他のものに変えたばかりなのですが、それでようやく良くなってき始めたかな、という感じです。

 

胃の調子が悪いと全身に響いてしまい、しんどいなぁと横になっている事も多かったです。家事もかなり適当。洗濯は毎日やらないと大変なことになるので頑張りましたが(まぁ、洗ってくれるのは洗濯機なのでわたしは干す・取り込む専門ですけど笑)とりあえず掃除機かけとけば何もやらないよりはマシだよね程度の掃除。たまる一方のレシートをはじめとするちょっとした紙類。

 

体調がよくなり始めたので、そろそろきちんと片付けや掃除をしなくてはならないな、と思っています。思っては、います。思って、は。

 

実行するかどうかは別の話だけどね!めんどくさいからね!

 

とりあえず、健康のありがたみを噛み締めざるを得ない一年でした。しみじみ。